私の毎日ズボラごはん

面倒くさがりの私が作る簡単料理の記録

スポンサーリンク

面倒くさいけどおいしい春巻き

手作りの春巻き

昨日の晩ごはんは春巻きでした。

私の三大「作るのめちゃくちゃ面倒くさいけど市販のより自分で作ったほうがおいしい料理」の一つです。あとはコロッケとロールキャベツ。

具を切って、炒めて、冷まして、包んで、揚げて…考えただけで面倒くさいけど、たまにものすごく食べたくなって作ってしまう。そんな春巻き。

 

今日は、豚ひき肉・春雨・人参・ねぎ・しめじ・三つ葉を入れました。春雨は好きで、いつも入れてます。野菜は冷蔵庫に半端に余ってるのを適当に。

ごま油で豚ひき肉・人参・ねぎ・しめじを炒め、茹でて短く切った春雨・三つ葉を加えて鶏がらスープ・しょうゆ・酒・砂糖で味付け、汁気が残っているようなら片栗粉でかためにとろみをつけます。これで具は完成です。

具が冷めたら包んでいきます。包んだらすぐに揚げていきます。160〜170℃くらいでゆっくり表裏返しながら揚げて、きつね色になったらできあがりです。

 

注意点は

具をしっかり冷ます。

具はふんわり巻いて、巻き終わりは水溶き小麦粉でしっかりとめる。

巻いたら時間をあけずにすぐ揚げる。

低〜中温でじっくり揚げる。

いずれも守らないと揚げた時に破裂する原因になります。

 

今日もおいしかったけど、春巻きだけで作るのに1時間くらいかかってしまいました(^^ゞ

春巻きは面倒な料理と割り切って、たまに時間があるときに気合い入れて作っていたのですが、

色々な春巻きのレシピをネットで調べていたら、春巻きの時短レシピをたくさん発見しました。

時短の方法としては、

具を加熱不要なもの(チーズ・ハム・かにかま・ささみフレーク・ちくわ・大葉などなど)だけにする

揚げない(フライパン・オーブン・トースターなどで焼く)

この2つが主なようです。

自分の中で「春巻きは手間がかかるもの」という思い込みがあって、簡単にできないかなどと考えたことがなかったので、時短という発想自体が目からウロコでした。

特に料理研究家の平野レミさんの春巻かずは衝撃的でした。口に入れたら一緒…確かになぁ( ̄▽ ̄)

まだ春巻きの皮が余っているので、夫の弁当で時短レシピを試してみたいと思います(^^♪

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

おうちで流しそうめん

流しそうめん機で流しそうめん

今日のお昼ごはんはそうめんです。夏の定番ですよね。

我が家では写真の流しそうめん機を愛用してます。

そもそも、この流しそうめん機は友人への新築祝いに買ったんです。真夏だったし、小さいお子さんがいたので喜んでくれるかなと。これが想像以上に好評で、話を聞いてたら自分も欲しくなり、すぐに同じもの購入しました(^^ゞ

買って何年か経つのでもう見慣れてるはずなんですけど、出すたび子どもたちのテンション急上昇。未だに毎回、笑えるくらい新鮮に喜んでくれます。

 

個人的にはそうめんだけだど物足りない感じがしてしまうので、いつもはきゅうり・ハム・かにかま・薄焼き卵なんかも用意して、そうめんと一緒に流してます。

今日は用意するのが面倒くさかったので、スーパーで安く売っていた(それでも398円税抜き( ゚Д゚))さくらんぼを流しました。これ、めっちゃ盛り上がります。

 

楽しいだけじゃなくて、私は単純に食べやすくて気に入ってます。そうめんて時間がたつとくっついて食べにくくなってしまうので。

食べやすいけど、つゆはすぐに薄まっちゃうので、めんつゆ買うなら濃縮タイプがおすすめです。

 

最近は「そうめんスライダー」なんてのもあるみたいですね。

使用してる動画見ましたが、子どもみんな例外なく喜んでました( ̄▽ ̄)

 

あと一か月足らずで始まる子どもたちの夏休みの昼ごはんに、今年も活躍してもらいます。流しそうめん機。

 

【流しそうめん機】を楽天で見る>>

【流しそうめん機】をAmazonで見る>>

 

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

うまく巻けたら嬉しいオムライス

オムライス

先日娘とオムレツを作ったときに、プロの料理人がオムレツを作る動画を見漁って、華麗な手さばきと美しいオムレツに心奪われました。

私も卵をきれいに焼きたい…!ということで昨日の晩ごはんはオムライスです。

 

まずチキンライスを作ります。

鶏肉と玉ねぎを炒めてケチャップ・塩・こしょうで味付けます。ケチャップにしっかり火を通すと酸味が飛んでおいしくなりますよ。

炒めた具とバターを炊いたご飯に混ぜます。ご飯を炒めるとベチャッとしがちなので、私はいつも混ぜご飯の要領で作ってます。白ご飯でも良いですし、コンソメを少し入れて炊くのもおいしいです。

 

チキンライスが出来たら、いよいよ卵で巻いていきます。

事前にプロの料理人の動画を見て手順をおさらい。

卵はよく混ぜる。

火加減は強め、油は多め。

フライパンがあたたまったところで一気に卵を流し入れ、フライパンをゆすりながら菜箸で卵を大きく混ぜる。

卵が半熟状になったら真ん中にチキンライスを置く。奥に寄せて、フライパンの柄をトントンしながら手前に返す。

大体こんな感じです。

 

実際やってみた感想…やっぱり難しい〜(ノД`)プレーンオムレツよりもさらに難度が上です。

完全に包むのは途中で諦めました。フライパンを逆手に持ってどうにか皿にすべらせ、包んでる風にすることはできました。見た目はいい感じです。

 

結論。卵をきれいに巻くには、やはり練習あるのみ!

ですが、動画を見て気付いたことはたくさんありました。

今までの失敗は、

油が少な過ぎ

卵を流し入れたあと混ぜずにほっとき過ぎ

このあたりに原因がありそうです。油が少ないためにフライパンにひっつきやすく、卵をあまり混ぜなかったために火の通りが均一にならず破れやすくなっていました。

もう少し研究して、まずはふわとろのプレーンオムレツをマスターしたいなと思います(^^)

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

 

ブログの趣旨とは外れますが、昨日は小林麻央さんの訃報に衝撃を受けました。

我が子の成長を傍で見守れるのがどれほど幸せなことか。どうか安らかに。

ホットケーキミックスで簡単 ドーナツ

どうしてもドーナツが食べたくなって、衝動的に作りました。

ホットケーキミックス200g・溶き卵1個・牛乳大さじ1・溶かしバター大さじ1を混ぜて生地を作ります。あまりこね過ぎるとドーナツが固くなってしまうので、ある程度まとまったら混ぜるのを止めます。

時間があれば、ラップで包んだ生地を冷蔵庫で30分休ませます。生地も馴染んで、冷やすことにより生地がベタつかず扱いやすくなります。

まとまったら打ち粉をして、5mmの厚さにのばして型抜きします。かなり膨らむので型抜きの時点ではこのくらいの厚みで大丈夫です。ドーナツ型は100均でも売ってますよ。私も100均のを使ってます。

型抜きした生地を低めの温度(160〜170℃くらい)で片面1分、ひっくり返してまた1分揚げたら出来上がりです。ドーナツの穴に菜箸を突っ込んで、クルクル回しながら揚げると穴がきれいな丸になりますよ。

ホットケーキミックスで作ったドーナツ

やっぱり揚げたてはおいしいですね(^^)このサックリ感は手作りならではだと思います。

焼きドーナツに生ドーナツに…色々あるけど、私はやっぱりサクッと揚がったドーナツが一番好きです。

甘さ控えめなので、甘いのが好きなら生地に砂糖を足しても良いです。今日はシンプルに粉砂糖をふってみました。

シナモンやきな粉をふったり、グレーズやチョコレートでコーティングしたり、アレンジも様々です。

 

出来上がりまで約30分(冷蔵庫で生地を休ませる時間は除く)。

計量いらずのホットケーキミックスさまさまです。ホットケーキにもマフィンにも使って、もうなくなってしまったので買いに行かなくてはε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

冷やし中華のたれ 始めました

先日TBSテレビの「マツコの知らない世界」で冷やし中華を特集していて、それを見たら猛烈に冷やし中華が食べたくなったので早速作ってみました。

番組の中で、冷やし中華を研究し尽くした番組のゲストさんが、ゴマだれベースの冷やし中華のたれは棒棒鶏のたれを使いまわしてるみたいな話(本当かどうかは分かりません…そういうネタ?(^^;;)をしていて、妙に納得しました。

ちなみに我が家の棒棒鶏のたれはこちら。蒸し鶏の汁・マヨネーズ・すりごま・しょうゆを混ぜて作ります。

私は冷やし中華には醤油だれ派なので、このたれを冷やし中華に使うことはないです。

が、サラダうどんにはこの棒棒鶏のたれを使います。ごまとマヨネーズの濃厚な感じがうどんと合いますよ。

 

で、本題です。棒棒鶏の話のくだりで、ふと疑問が…

ゴマだれが棒棒鶏のたれを使いまわせるなら、醤油だれは酢の物のたれを使いまわせるんでないの?

ちなみに我が家の酢の物のたれはこちら。酢:砂糖:しょうゆ=5:3:1です。

この酢の物のたれにごま油を足して、出汁でほんの少しのばして冷やし中華にかけます。

手作りたれの冷やし中華

結果、完全に冷やし中華でした。

くだらないけど、これは新たな発見です!今まで冷やし中華といえば、添付のたれ付きの割高な中華麺ばっかり買ってたよ(><)

これからは3玉98円の中華麺で冷やし中華作ろう!

 

そうそう、マツコさんも言ってたけど、忘れちゃいけないのがからし。

醤油だれには絶対必要だと思う。

使っても使わなくても良いですよ〜って感じで、お皿のフチにしぼってくれるお店が好きです。いや絶対に使いますけどね(笑)

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

家にあるもので カルボナーラ

カルボナーラ

先日は子どもたちお気に入りの超簡単なシンプルで一番おいしい塩こしょうパスタを作りましたが、

今日は私が大好きなカルボナーラを作ってみました。

大好きなゆえに、市販のパスタソースでは満足できず、食べたいと思ったら気合いを入れて作ります。

とはいえ買い物に行くところから始めるのは面倒くさいので、家にあるもので何とかおいしいカルボナーラが出来ないかと、

様々なレシピを参考にして試行錯誤したのが以下のレシピです。

 

材料(2人分)

パスタ 200g

ベーコン 40g

玉ねぎ 1/2個

ピザ用チーズ 適量

卵 2個

牛乳 50cc

にんにくチューブ 3cmくらい

オリーブ油

あらびき黒こしょう

 

まず卵と牛乳を大きめのボウルに入れ、よく混ぜて塩で味付けします。大きめというのがポイントです。

鍋に湯を沸かし、パスタを茹で始めます。

その間フライパンにオリーブ油を熱し、にんにくチューブ・薄切りにした玉ねぎ・1cm幅に切ったベーコンを炒めます。

玉ねぎがしんなりしたら塩で味付け、火を止めピザ用チーズを入れて余熱で溶かします。

パスタが茹で上がったら湯を切って、熱いうちに卵と牛乳の入ったボウルに入れます。玉ねぎとベーコンも入れて、すぐに混ぜます

混ざったら器に盛り付け、仕上げにあらびき黒こしょうをかけたら完成です。

 

コツは、パスタと卵を合わせたらすぐに混ぜること!

混ぜないでほったらかしているとパスタの余熱で卵に火が入り過ぎて、ソースがぼそぼそになってしまいます。

ベーコンを炒めたフライパンに卵を入れる方法が一般的かとは思いますが、パスタの余熱を利用したほうが失敗が少ないので私はいつもこの方法で作っています。

慣れたらけっこう簡単に作れますよ。

 

買い物に行くのが面倒でなく予算に余裕のあるときは、以下の材料↓を

ベーコン → パンチェッタ(生ベーコン)

ピザ用チーズ → パルミジャーノレッジャーノすりおろし

牛乳 → 生クリーム

にんにくチューブ → 生のにんにくスライス

に、それぞれ替えるとかなり本格的になります。

 

本場イタリアではカルボナーラに生クリームは入れないそうですが、私はやっぱり生クリーム入りのクリーミーなカルボナーラが好きです。

次作るときは奮発して生クリーム買おうかな~。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

塩レモン活用法 爽やかお寿司

今年も作りました、塩レモン。レモンの塩漬けです。

数年前に流行した時に知り、それからは夏になると思い出したように作っています。

ビンに塩→レモン→塩→レモン…と重ねて詰めていき(一番上は塩にする。塩でレモンをはさむ感じです)、一週間以上ほっといたら完成。

・ビンは煮沸消毒しておく

・国産レモンを使う(カットする前に皮をしっかり水洗いする)

・塩の量はレモン重量の10〜20%

・水分が上がってくるまでは1日1回ビンを振って混ぜる。ガス抜きのため蓋を開ける。

・冷蔵庫ではなく室内の涼しい場所で保管する

以上のポイントをおさえればほぼ失敗しないと思われます。

最初はひたすらしょっぱいですが、発酵がすすむとまろやかになり、レモンの香りも強くなります。

 塩レモンを使った寿司

様々な料理に使いますが、今日はお気に入りの使い方を一つ。

寿司酢の代わりに塩レモンを使ったお寿司。レモンの香りが爽やかな、夏にぴったりのお寿司です。

白ご飯1合につき塩レモン液大さじ1、細かくみじん切りした塩レモンスライス1枚を混ぜ込みます。

今日はサーモンとアボカドをのせてちらし寿司にしました。わさび醤油をたらしていただきます。

塩レモンはサーモンとの相性バッチリ。とても女子ウケしそうなご飯になりました(^^)最後にフワッと香るレモンがとっても爽やか~。

 

じわじわ溜まってきた塩レモン液もだいぶ減ってしまいました。レモン果汁を足して少し様子を見ます。

今年の夏も塩レモン活用するぞ~。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク