私の毎日ズボラごはん

面倒くさがりの私が作る簡単料理の記録

スポンサーリンク

『ポテト・ブック』より インチキ・ポテト・フライ

今日は娘の読書感想文用の本を探しに図書館へ。ついでに私も料理本を何冊か借りてきました。

中でもダントツに面白かったのがマーナ・デイヴィス著トゥルーマン・カポウティ序『ポテト・ブック』。あの伊丹十三監督の翻訳です。

料理のコーナーに置いてあったのですが、ただのレシピ本じゃないです。

ポテトの歴史から、ポテトの買い方、ポテトの正しい扱い方はもちろん、

ポテトを使った美容法(例:ポテトの茹で汁に櫛を浸して髪をすくと髪が黒くなる)、ポテトを使ったゲーム(例:ポテト転がし)、ポテト工芸(例:ポテトの指人形)まで、まるまる一冊ポテト!ポテト!

 

数あるレシピの中からインチキ・ポテト・フライを作ってみました。

 インチキ・ポテト・フライ

揚げずにオーブンで焼くからインチキなんでしょう。多分。写真がないので、これで正しいのかどうか分かりませんが、味はおいしかった(^^♪

料理の名前一つとっても、ユーモアにあふれていて面白いです。剥いた皮でケチケチ料理(料理名です)、ロシアの大草原(料理名です)とか。

肝心のレシピの内容は、材料をそろえるのにちょっと難あり(日本の一般家庭にはないであろう香辛料が出てきます)だけど、作るのは簡単そうなものばかりでした。

説明は全体的にざっくりしていて、分量が多いです。オーブンで一時間以上焼く料理がザラにあります。そのあたりはアメリカンという感じ。

 

せっかくなのでもう何品かポテト料理に挑戦したいなと思ってます。じゃがいも買ってこなくては。

ポテトゲームとポテト工芸は、子どもたちが付き合ってくれそうだったらやってみようと思います(笑)

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

ズッキーニのピクルス 和洋中で3種

ズッキーニのピクルス

近所のスーパーでズッキーニのまとめ買いセールをしてました。早速3本購入。

昨日の水族館ゼリーに使ったディルを消費したかったので、ズッキーニのピクルスに。

せっかく3本もあるので、和洋中のピクルスをまとめて作ってみました。

 

鍋に水200ccと砂糖大さじ5を入れ、煮立てて砂糖が溶けきったら、火を止めて酢200ccを加えます。

これを3つに分けて、

一つは塩昆布・白だしを加えて和風に、

もう一つは塩・黒こしょう・にんにく・ディルを加えて洋風に、

最後の一つは塩・しょうが・ねぎ・ごま油を加えて中華風に、

それぞれピクルス液を作ります。

まだらに皮をむき5mm幅に輪切りしたズッキーニを一晩漬けこんだら完成です。

写真、奥から和風、洋風、中華風です。中華風のねぎが偶然かわいいハート形になってテンションちょっと上がった(笑)

家族に一番好評だったのは中華風でした。ごま油が酸味を抑えて一番食べやすかったです。

私は洋風が一番好きでした。ザ・ピクルスという感じ。ディルの香りがズッキーニにしっかりうつっていて、ものすごくオシャレな味わい。手軽に本格的なピクルスを作りたいときはハーブ必須と感じました。

もちろん和風もおいしかったです。浅漬けみたいで、ご飯は一番すすみそうでした(^^♪

ピクルスは日持ちするので、箸休めに少しずつ食べたいと思います。

 

ちなみに、今回は酸味の少ないミツカン『やさしいお酢』を使ったので、しっかり酸味を残したくて火を止めてから酢を入れました。

逆にまろやかにしたい場合は酢も一緒に加熱すると良いですよ。

 

やさしいお酢、ツンとこなくて甘みも強いので子どもたちも食べやすく重宝してます(^^)

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

アガーでキラキラ 水族館ゼリー

水族館ゼリー

オレンジページ8/2号に載っていた水族館ゼリーを作ってみました。

レモン果汁を使った海底ゼリーと、かき氷のブルーハワイシロップを使った海ゼリーの2層ゼリー(ちょっと失敗しちゃって写真では2層分かりにくいけど(^^ゞ)に、

魚に見立てたグミ、たこに見立てたさくらんぼ、貝殻に見立てたパイン(レシピではキウイでした)、海藻に見立てたディルなどを入れて固めたら完成です。

レシピではゼラチンだったのですが、透明感のあるゼリーにしたかったのでアガーを使いました。

これは狙い通り、キラキラの海ゼリーになりました(^^)

個人的にディルの海藻がツボ。本当に海藻っぽい。海藻ってか水草?こんな風にディルを使ったのは初めてです( ̄▽ ̄)

グミの魚やパインの貝殻は切るだけで出来るので、子どもとワイワイ作るのもおすすめです。工作感覚で作れますよ。

 ↑↑オレンジページ8/2号です。『ゼリーの水族館』ほか、夏休みを充実させるあれこれ大特集。

本気の砂のお城はぜひ作ってみたいと思います。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

 
おうちごはんランキング

丸ごとかぼちゃのプリン 塩キャラメルソースつき

丸ごとかぼちゃのプリン

小さめのかぼちゃが売っていたので、かぼちゃを丸ごと器にしたかぼちゃプリンを作りました。

 

この本↑↑を参考にしました。

はじめての持ちよりレシピ|森下 久子/HISAKOの『BIG!かぼちゃプリン 塩キャラメルソース』のレシピです。

以前はよく友達と持ちよりランチしてました。子どもが小さいと外食するの大変なんですよね…騒ぐし、こぼすし、じっとしてられないし。

でも毎回持ちよりだとネタも尽きてきて(^^ゞこの本を買ってからはお世話になりっぱなし。

「はじめて」とついてるだけあって料理は簡単かつ見栄えが良く、ラッピングの仕方も各々のレシピに解説がついているので、とっかかりとしては良い本だと思います。

 

このかぼちゃプリンのレシピもとっても簡単です。

かぼちゃの中身をくり抜くのに少し神経を使いますが、面倒な裏ごしもなく、特別な材料も要らない(かぼちゃ・牛乳・卵・砂糖)のですぐできました。

塩キャラメルソースがなくても十分おいしいけど、市販のキャラメル・生クリーム(なかったので牛乳で代用)・塩を鍋で弱火にかけて溶かすだけで簡単に作れる汎用性の高いソースなので作ってみて損はないです。

かぼちゃプリンと相性ばっちり(^^)おいしかった~。

これから秋にかけてかぼちゃのおいしい季節ですね。今年もかぼちゃ料理たくさん作りたいな。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

ミキサーで混ぜるだけ 和食にも洋食にも合う豆腐のポタージュ

豆腐のポタージュ

豆腐のポタージュを作りました。

豆腐を出汁でのばしてミキサーで撹拌するだけ。味がボヤけているようなら、しょうゆを足します。味噌を足してもおいしいです。

出汁じゃなくてコンソメや鶏がらスープでも。野菜を一緒に混ぜてミキサーにかけても良いです。

豆腐自体が淡白な味なので、和食にも洋食にも合います。

豆腐を味噌汁以外で汁物に使いたいとき

冷たい汁物が飲みたいとき(もちろん温かくてもおいしいですが、夏は冷やして食べるのがおすすめです)

に重宝するレシピです。

 

ただ一つこのレシピの残念な点は、うちの夫が嫌いなところです( ̄▽ ̄)子ども達は喜んでくれるのになぁ。

豆乳が嫌いな人はもれなく豆腐のポタージュも嫌いだと思います。

今日も夫だけインスタントのスープです。

このシリーズけっこうおいしい(^^♪

 にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

生でも加熱してもおいしい ロメインレタス

ロメインレタスのマヨネーズ炒め

最近気になる野菜のロメインレタス見かけたら必ず買ってしまいます。

今日はマヨネーズ炒めにしてみました。キユーピーがCMしてますよね(^^)

油は使わず、マヨネーズで炒めます。味付けは塩・こしょう・おろしにんにく。

炒めるだけなので手軽で、マヨネーズだから味も決まりやすく失敗なし。しかもおいしい。私のようなズボラには嬉しいレシピです。

 

ロメインレタスの良いところは、生でも加熱してもおいしいところ。使い勝手がいいんですよね。

サラダにしてもおいしいし、炒めものにしてもおいしい。

特に加熱調理は、普通の玉レタスとの違いがはっきり分かるのでおすすめです。

普通の玉レタスは加熱するとすぐシナシナになってしまうのですが、ロメインレタスは加熱し過ぎてもシャキシャキ感が失われません。

もちろんサラダにして生で食べてもおいしいですよ。

ここは個人の好みだと思いますが、私はロメインレタスのほんのり苦い味と、葉っぱ一枚一枚の肉厚な感じが好きです。

 

レタス丸々ひと玉をサラダなどの生食だけで消費するのはなかなかツラいので、ついついロメインレタスに手がのびちゃいます。

ただ悲しいかな、近所のスーパーにはいつも置いてあるわけではなく、不定期での販売。

直売所はスーパーより置いてる率高し。コストコは確実に置いてるけど、家からちょっと遠い。

夏の間はまだスーパーでも手に入りやすいので、今のうちにたくさん買って食べ溜めておきます(^^)

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

手作り芋けんぴ

手作り芋けんぴ

先日大量にいただいたさつまいも。

スコップコロッケにしてもまだまだ余ったので、芋けんぴにしてみました。

スティック状に切って、アク抜き、乾燥させて素揚げしたさつまいもを、砂糖と水を煮詰めたものに絡めたらできあがり。意外と簡単。

 

味は素朴なんだけど、さつまいもの甘味がしっかり感じられておいしかったです。家族にも好評でした(^^♪

ただ食感がイマイチ…外はカリッなんだけど、中がホクッではなくねちっとしている。

うん。揚げてる段階でうすうす気づいてたんだけど多分これ、芋けんぴにふさわしい種類のさつまいもではなかった。

いただいたものなので何かは分からないけど、安納芋などのねっとり系品種だと思われます。水分が多めだからか、揚げるのにも時間がかかりました(^^ゞ

芋けんぴに向いているのは鳴門金時などのホクホク系品種のようです。

ちゃんと品種と合う料理を見極めるべきだったな…勉強になりました。まだ余ってるので、ねっとり系にふさわしい料理にしたいと思います。焼きいもかスイートポテトかな( ̄▽ ̄)

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村 


おうちごはんランキング

スポンサーリンク