私の毎日ズボラごはん

面倒くさがりの私が作る簡単料理の記録

スポンサーリンク

15分でおいしい!時短ハンバーグを作るコツ3つ

時短ハンバーグ

今日の晩ごはんはハンバーグです。

仕事中「今日の晩ごはん何する?」って話になって、「ハンバーグ」って言ったら

「えー!仕事から帰ってよくそんなめんどくさい料理作れるね(゜_゜)」って言われました。

いえいえ、ハンバーグめんどくさくないですよ!めんどくさいと思ってる上記のYさんのような方のために、短時間でおいしいハンバーグを作るコツ3つ書きますね。

 

コツ①玉ねぎは入れない

玉ねぎをみじん切り→炒める→冷ますをばっさりカット。これでかなり時短になります。

玉ねぎを入れなくても案外おいしいです。

ちなみに、つなぎ(卵・牛乳・パン粉)はオーソドックスに入れたほうが良いです。

どうしても玉ねぎを入れたいときは、すりおろし玉ねぎを入れます。みじん切りするより簡単です。

 

コツ②ひき肉にしっかり下味をつける

ひき肉に下味をつけることによってソース作りを省き、玉ねぎの甘味がないのをカバーします。

具体的には塩こしょう以外に、ケチャップお好みソースを入れています。

甘味のあるお好みソースがおすすめですが、代わりにウスターソースやオイスターソースでもOK。

下味のおかげでソースをかけなくても十分おいしくできます。

 

コツ③ひき肉は捏ねない

正確に言うと、捏ね過ぎない。

手でひき肉を捏ねると体温で肉の脂が溶けて旨味がどんどん逃げてしまいます。

冷たい水で冷やした手で手早く捏ね、ひき肉と調味料が混ざってなじんだところで終わりにします。時短にもなって一石二鳥。

ただし肉のねばりがないぶん割れやすいので、成形のときの空気抜きはしっかりやってください

 

あとは焼くだけ!

平たく小さく成形すれば片面3分、ひっくり返して蓋をして5分くらいでしょうか。

蓋を開けて、赤い濁ったような肉汁が出ている場合はもう2〜3分焼きます。透明な肉汁が出てきたらOK。

分かりにくい場合はフライ返しで割って焼け具合を確認すると一番確実です( ̄▽ ̄)

 

この手順なら15分ほどでハンバーグが作れます。

肉汁ジュワ~とはなりませんが、うちの子ども達が大好きな柔らかくておいしいハンバーグです(^^♪

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

スポンサーリンク