私の毎日ズボラごはん

面倒くさがりの私が作る簡単料理の記録

スポンサーリンク

広島風お好み焼きに挑戦してみた

お好み焼き

 

今日の晩ごはんはお好み焼きです。

正直、今まで何のこだわりもなく作ってました。市販のお好み焼き粉と卵、水、キャベツ、豚肉をガーッと混ぜて焼く。ただそれだけ。

でもそれではネタにならんので、今日はお好み焼きの焼き方にこだわって作ってみました

 

材料は変わらず市販のお好み焼き粉、卵、水、キャベツ、豚肉。

まず焼く前の準備。

お好み焼き店では一人前ずつ焼く直前に材料を混ぜます。これは、お好み焼きの生地の中にキャベツを入れて置いておくと、キャベツから余計な水分が出てふっくら焼きあがらないからだそうです。

とはいえ家族4人分のお好み焼きを一人分ずつ混ぜて焼くのは結構めんどくさい。そこで広島風お好み焼きの焼き方を取り入れることにしました。

ホットプレートを200℃に設定して、以下焼き方の手順です。

 

①生地を流す

②生地の上にキャベツをどっさりのせる

③キャベツの上に豚肉をのせる

④豚肉の上からもう一度生地をかけてひっくり返す

⑤蓋をして3分蒸らす

⑥蓋をあけて、もう一度ひっくり返して1分焼く →完成!

 

キャベツの水分を逃さず、かつ手間なくと考えた焼き方でしたが、実際やってみたら思った以上に手間がかかった (笑)

もう笑うしかない。いちいち混ぜるのもめんどくさいが、いちいちのせるのもめんどくさい上にひっくり返すの難しい(*_*)

しかし、味はとても良かった!いつもよりキャベツのシャキシャキ感が残っていて、キャベツの甘みも感じられました

またお好み焼き作るときは直前混ぜも試してみたいと思います。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

スポンサーリンク