私の毎日ズボラごはん

面倒くさがりの私が作る簡単料理の記録

スポンサーリンク

レンジでできる棒棒鶏

棒棒鶏

今日の晩ごはんは棒棒鶏です。バンバンジー。蒸し鶏のサラダ的なやつ。

鶏むね肉は電子レンジで火を通しました。レンジ調理、私のような面倒くさがりには良いこといっぱいです。

 

メリット①洗い物が少なくなる

個人的にはこれが断トツのメリットです。

基本的にレンジ調理で出る洗い物って食材を乗せた皿一枚です。皿なんて、鍋やフライパンを手でゴシゴシ洗うのに比べたら桁違いに洗うの楽。食洗機にだって入ります。

洗い物が減れば、手間だけじゃなくて水道代だって節約できます。まさに一石二鳥。

 

メリット②時短になる

電子レンジを使っている間は違う作業ができます。

しかも電子レンジはセットした時間で勝手に止まるので、出来上がりの時間も読みやすく、効率よく調理ができます。

 

メリット③汗だくにならずに調理できる

夏場限定のメリットですが。

冷房をつけていても、コンロの火のそばで調理していたら汗だくになります。

考えるだけで萎えるし、料理する気なくなります。

その点レンジ調理は火を使わず食材をかき混ぜる必要もないので、快適に調理できます。

 

ただ、メリットばかりじゃないんですよね。

レンジ調理はクセがあって、レシピ通りにやっても上手くいかないことが多い!電子レンジの機種によって、上手くいったりいかなかったりするんでしょうね。

加えて、どうしても加熱ムラができやすいので一度にたくさん作るのには向いてない。特に炒め物、焼き物は難しい印象です。

唯一、蒸し物は成功率が高いので、蒸す工程はなるべくレンジで済ませるようにしています。

 

今日の棒棒鶏も毎回レンジ調理。

しっとり柔らかく仕上げるために、鶏むね肉は前日に酒大さじ1・はちみつ大さじ1・塩少々(鶏むね肉2枚分の分量です)を揉み込み、そのまま漬けておくと良いです。

レンジで加熱する際は、鶏むね肉の厚みを均一にしておくと焼きムラが少なくなります。

観音開きという方法で鶏肉を開いていくのですが、どうせ後から細く切るので細かいことは気にしない。厚みが均一であれば何でも良いです。

漬けておいた鶏むね肉2枚にラップをして、電子レンジ600Wで10分くらい加熱します。初めに5分→ひっくり返して5分です。

レンジで加熱している間に野菜を切って盛り付けたり、味噌汁を作ったり。

タレは、マヨネーズ・すりごま・しょうゆを同じ量ずつ(家族4人分で大さじ3ずつくらい)混ぜたところに鶏肉の蒸し汁を少しずつ足して作りました。

蒸し汁を捨てるのがもったいなくてタレを作るんですけど、面倒くさい日は市販のごまだれやドレッシング使ってます。

 

今日はレンジ調理と、一皿でボリュームある棒棒鶏のおかげで洗い物が少なかった!

暑い夏に向けて、もっとレンジ調理取り入れていきたいです。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

スポンサーリンク