私の毎日ズボラごはん

面倒くさがりの私が作る簡単料理の記録

スポンサーリンク

地獄蒸しで茶碗蒸し

茶碗蒸し

今日は茶碗蒸しを作りました。

我が家には蒸し器がないので、いつも地獄蒸しで作っています。別名じか蒸し。器を直接熱湯に入れて蒸す方法のことです。

レンジ調理や炊飯器調理も試してみましたが、納得のいく仕上がりにならず…私には地獄蒸しが合っているようです。

 

まず卵液を作ります。卵3個・水400ml・白だし大さじ3(この分量で4人分)をよく混ぜ、ザルでこします。洗い物が増えてしまいますが、こしたほうが絶対においしいです。

具は下茹でなどの下処理をして、こした卵液とともに器に入れます。表面の気泡が気になる場合はアルコールスプレーを吹きかけるか、チャッカマンの火で気泡をあぶるかします。私は、家で作るぶんには特に気にならないのでやってませんが。

器が準備できたら蒸します。3~5cmくらい水をはった深い鍋に器を並べ、蓋をして火にかけます。

ポイントは火加減火にかける時間です。最初は強火で、沸騰してポコポコと泡立ってきたら弱火にして7~8分蒸します。

途中で火加減が気になっても蓋を開けてはいけません。私はガラス製の蓋を使って沸騰してるかどうか確認していますが、中が見えない場合は音(泡の音や器が揺れる音)と湯気で確認します。

一度沸騰させないといつまでも卵液が固まらないので、沸騰するまでは強火で。ただし強火で蒸し続けるとすが入って滑らかにならないので、沸騰したらすぐ弱火にします。

弱火にして7~8分たったら蓋を開けてできあがりの確認です。つまようじをさして透明な汁が出てきたら蒸しあがっています。黄色っぽい卵液が出てきたらもう少し蒸します。

 

より簡単に作りたいときは、具材を下茹での必要がないものばかりにすると良いです。

かまぼこや三つ葉は切るだけでよく、見た目もきれいなのでよく使います。他には花麩・冷凍むき枝豆など、水で戻すだけ・解凍するだけで使える食材は手軽で便利です。

 

あつあつなイメージの茶碗蒸しですが、冷やしてもおいしいです。つるんと食べれてしまうので我が家では年中出してます。

白だしをコンソメに代えて洋風にしてもおいしいです。

うどんを入れて小田巻蒸しにすると食べごたえも一気にアップ。

味つけや入れる具材によってバリエーションを変えられるのは手作りならではですよね。

 

そんな茶碗蒸しの最大の難点といえば、器がめちゃくちゃ洗いにくいとこですかね。卵のこびりつきってゴシゴシこすらないと落ちないんですよね…。

その点、食べたらそのまま捨てられる容器に入ってる市販の茶碗蒸しは大変便利。

予洗いなしで茶碗蒸しの器がスッキリきれいに洗える食洗機ないかなぁ。。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

スポンサーリンク