私の毎日ズボラごはん

面倒くさがりの私が作る簡単料理の記録

スポンサーリンク

地獄蒸しで茶碗蒸し

地獄蒸しで作った茶碗蒸し

今日は茶碗蒸しを作りました。

我が家には蒸し器がないので、いつも地獄蒸しで作っています。別名じか蒸し。器を直接熱湯に入れて蒸す方法のことです。

レンジ調理や炊飯器調理も試してみましたが上手くいかず、茶碗蒸しって面倒くさい料理だと思っていました。

が、地獄蒸しを知ってから見方が一変。茶碗蒸しってこんなに簡単だったのか…。

具と卵液を入れアルミホイルをかぶせた器を、3~5cmくらい水をはった深い鍋に並べ、蓋をして火にかけて蒸す。これだけ。

ポイントは火加減火にかける時間

最初は強火で、沸騰してポコポコと泡立ってきたら弱火にして7~8分蒸します。

途中で火加減が気になっても蓋を開けてはいけません。私はガラス製の蓋を使って沸騰してるかどうか確認していますが、中が見えない場合は音(泡の音や器が揺れる音)と湯気で確認します。

一度沸騰させないといつまでも卵液が固まらないので、沸騰するまでは強火で。ただし強火で蒸し続けるとすが入って滑らかにならないので、沸騰したらすぐ弱火にします。

弱火にして7~8分たったら蓋を開けてできあがりの確認です。うまく固まってたら嬉しくなりますよね。

 

卵液は、卵3個・水400cc・白だし大さじ2~3。私はいつもこれで作っています。かなり薄味です(^^ゞ

卵液はザルでこして混ざりきらなかった白身を取り除いています。やはりこしたほうが口当たりが滑らかになるので、洗い物は増えちゃいますがひと手間かけてます。

表面の気泡が気になるときはアルコールスプレーをぶっかける、もしくはチャッカマンの火で気泡をあぶるとすぐに消えますよ。茶碗蒸しに限らず、ゼリーの気泡なんかにも有効な方法です。

 

より簡単にしたいときは、具材を下茹での必要がないものばかりにするのも良いです。

かまぼこや三つ葉は切るだけでよく、見た目もきれいなのでよく使います。今日は花麩・冷凍むき枝豆を使いましたが、これらも水で戻す・解凍するだけなので手軽です。

 

あつあつなイメージの茶碗蒸しですが、冷やしてもおいしいです。つるんと食べれてしまうので我が家では年中出してます。

白だしをコンソメに代えて洋風にしてもおいしいですよね。

うどんを入れて小田巻蒸しにすると食べごたえも一気にアップ。

味つけや入れる具材によってバリエーションを変えられるのは手作りならではですよね。

 

そんな茶碗蒸しの最大の難点といえば、器がめちゃくちゃ洗いにくいとこですかね。卵のこびりつきってゴシゴシこすらないと落ちないんですよね…。

その点、食べたらそのまま捨てられる容器に入ってる市販の茶碗蒸しは大変便利。

予洗いなしで茶碗蒸しの器がスッキリきれいに洗える食洗機ないかなぁ。。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

スポンサーリンク