私の毎日ズボラごはん

面倒くさがりの私が作る簡単料理の記録

スポンサーリンク

小さい・数が足りない魚の切り身で炊き込みご飯

タラの炊き込みご飯

我が家4人(大人2人・小学生2人)のひと月の食費はだいたい6万円前後です。もっと節約できるところはあるのでしょうが、私にはこれくらいが限界かな…と感じています。

買い物はだいたい予算を決めて行くのですが、いつも悩んでしまうのがお魚です。

おいしそうな魚を見つけても、予算を守ろうとすると切り身が人数分足りなかったり、小さい切り身になってしまったり…なんてことがあります。

そういうときによく作るのが魚の切り身を使った炊き込みご飯です。ご飯に混ぜ込んでしまえば、少ない切り身でも満足できます。

 

昨日はタラの炊き込みご飯を作りました。

炊飯釜にといだ米を入れます。出汁(炊飯釜の目盛りより少なめの量)、しょうゆ・酒(それぞれ米1合に対し小さじ1~)、すりおろししょうが少々を加えて軽く混ぜておきます。

タラの切り身は熱湯をかけ、キッチンペーパーなどで水気を拭いて臭みをとっておきます。そのまま米の上にのせて炊飯します。

炊き上がったらタラを取り出し、皮や骨を除いて粗くほぐし、炊飯釜に戻します。タラと米を混ぜ合わせてできあがり。

簡単で上品でおいしいです。タラの他、サケ・アジ・サバなどでも同じように作れます。安いアラなんかを使っても良いですね。

 

切り身より割安な一匹買いをして自分でさばいていたこともありましたが、これは面倒くさくて続きませんでした。

肉に比べるとレパートリーも少なく割高感のある魚ですが、家族の健康を考えると肉ばっかりというわけにもいきません。

いろいろと工夫をしながら、これからも適度に魚を食べる食生活を続けていきたいなと思います。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

スポンサーリンク