私の毎日ズボラごはん

面倒くさがりの私が作る簡単料理の記録

スポンサーリンク

蕎麦打ち器でうどんを作る

昨年11月に祖父が亡くなりました。

直後に訪れた祖父の部屋は片付けの最中でめちゃくちゃになっていましたが、正月に訪れた際にはすっかりきれいに片付けられており、別の部屋になっていました。

祖父の物は部屋のすみにまとめて置かれていて、父が私に「気に入ったものがあれば持って行っていい」と言うので、蕎麦打ち器を持って帰ってきました。

 

蕎麦打ち器の商品名は『十割屋』。祖父が20年ほど前に通販生活で購入したものと思われます。メーカーは三洋電機になっていますが、現在はもう製造されていないようです。

未使用かと思うくらいの美品でした。ほんのちょっと汚れがついていたので一回くらいは使ったのかも。20年前なら祖父と一緒に暮らしていたはずですが、この蕎麦打ち器が稼働しているところを見た記憶はないです。

 

とりあえず説明書を読んでみると、蕎麦だけではなくうどんも作れるらしい。

蕎麦粉はないが小麦粉はあるので、試しにうどんを作ってみました。

強力粉と薄力粉(中力粉があればベストですが、強力粉と薄力粉の併用でも可でした)と水をそぼろ状になるまで混ぜ、蕎麦打ち器にセットしたら準備完了。思ったより簡単。

電源を入れるとノズルから麺がにゅるにゅる出てきました。なにこれ面白い。

蕎麦打ち器

蕎麦打ち器と出来上がったうどん。

生地を一気に投入すると詰まってしまうようで、生地を入れつつ出てきた麺をカットしつつ…で、なかなか忙しい(^^ゞ麺がにゅるっと出てくる様子は撮影できず。

蕎麦打ち器で作ったうどん

9分ほど茹でて、かけうどんにしました。

さすがに3玉98円のうどんとは全然違います。ほどよく噛みごたえがあっておいしかったです。

 

おいしさは勿論なんですが、なにより麺がにゅーっと出てくるのが面白かった!

子ども達にもウケそうなので、次はちゃんと蕎麦粉を買って子ども達とお蕎麦を作りたいです。

というか、うどんで満足して忘れかけていたけれど、この商品の何よりのウリは自宅で手軽に十割蕎麦が食べれる点ですので、近々必ず作ってブログのネタにするぞと思う次第です。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村


おうちごはんランキング

スポンサーリンク